芝田歯科クリニックは気軽に立ち寄れる歯科医院として皆様に愛されています。

CASE1:歯がしみる

知覚過敏症

歯グキが退縮して歯の根が露出したり、歯の付け根にくさび状のすり減りがある場合に生じる過敏症。
※歯周病が原因で歯肉がやせ象牙質が露出したために象牙質がしみる知覚過敏症のこと。

【対応】
常温もしくはぬるま湯でゆすぎ、知覚過敏用の歯磨き剤を用いてプラークコントロールをする
【治療方法】
1.軽症の場合=歯に薬を塗布したり、詰め物をして刺激を遮断します。
2.重症の場合=神経の治療をする

 

ムシ歯

ムシ歯の進行状態により処置する。

【対応】
ぬるま湯でゆすいで、ムシ歯の周りを清潔に保つ。
ムシ歯は自然治癒しないので、早く歯科医院へ行く。
【治療方法】
1.ムシ歯が象牙質までで止まっている場合(C1、C2など)
=ムシ歯を除去し、詰めて治します
2.ムシ歯が神経(歯髄)にまで達している場合(C2、C3など)
=神経を取って、ほとんどの場合かぶせて治します

 

歯髄炎

ムシ歯が神経まで進行していたり、外部からの大きな衝撃により神経に炎症が生じた場合

【対応】
ぬるま湯でゆすぎ清潔に保ち、いつも服用している鎮痛剤を飲み、早急に歯科医院で治療を受ける
【治療方法】
1.神経をとる治療をする
2.親知らずの場合歯を抜くこともあります

 

一覧に戻る